店主シホより皆様へご挨拶

たまたま 偶然…。

何気なく入ったお店が、いつの間にか、日常に当たり前にあって…気づいたら掛け替えの無い場所になっていた。

そんな運命の変わるような

出会いがしたくて

 

私は25歳でお店を持ちました。

 

 

この場所は、

いつも不安を抱えてた幼い頃の私。

思春期の悩み多き私。

シングルマザーになって孤独だった私。

 

過去の自分が必要としてきたもの。それをカタチにした場所です。

 

一人ぼっちじゃないから、

安心してね。

 

ちょっと現実から逃げてここでホッコリしたらいいよ。

 

疲れたら、いつでも帰っておいでね。

 

過去の自分が必要としていた あったらいいなぁ〜を

作りました。

 

今回富谷に拠点を移したのは、この町全体が、私が追いかけていた 理想そのものだったからです。

 

富谷の人は熱い。

人と人との距離が近い。

人の温かさが手に取るようにわかる。

そんな町です。

 

居住歴はたった5年の私。

住む前は 道路1本挟んだ先にある町を、これまでと変わらない生活ができるだろう…その程度にしか考えていませんでした。

 

けれど、ここでの生活はそんな私の想像をこてんぱんに覆すモノでした。

 

「生まれも育ちも富谷」の友人が

 

「逢わせたい人が居るんだ」

 

ソレを合言葉に、沢山の人に巡り合わせてくれました。

 

巡り巡って出会った人達はしんせきのようで、まるでおばあちゃん家に居るような気持ちにさせてくれました。

 

巡り巡って、役場の方まで一市民の私の存在を知ってくれました。

 

富谷を一緒に元気にしよう!シホさん頑張れ!

と応援してくれます。

 

 

市長さんは、「あれ?徳島からもう帰ってきたの?」FBにあげたものを覗いてくれて、そんな言葉をかけてくれます。本当に近い距離で接して下さる方です。

 

今回の富谷でのスタートにも暖かい声援を下さいました。

 

冷蔵庫運びたい…そういうと、ダンプで運んでくれる人がいました。

 

あのドアがおかしい…そういうと、仕事あがりにドライバーを持って駆けつけてくれる人がいました。

 

引越しの荷物が沢山あって…1人に連絡したら人伝いに15人の人が待っていてくれました。

 

昔、通っていた幸来の親方は大家さんで、ちょっと困ったことがあると、直ぐお店に駆けつけてくれます。

 

店の前を通る人は

ニコニコ挨拶してくれて

何屋さんが出来るの?と見守ってくれています。

 

 

富谷はこんなあったかい人達が居る場所です。

 

私が触れたものを

私のお客さんにも知ってもらいたい。

 

大好きになったこの町に

私の大好きな常連さんを呼びたい。そう思ったからです。

 

人と人が近いこの町が私は大好きです。

 

 

ここにしかないもの。

ソレに出会って欲しいです。

 

私の想いを今日からは、この場所で

 

カタチにして行けたら良いなぁと思ってます。

 

早速、オープン前からご予約を頂いています。

 

まだオープン前なのに富谷で出会った、私を気にかけてくれる方々が 朝から夕方までひっきりなしに来てくれます。

 

きっと、富谷の魅力が伝わると思います!!

 

たった1度で良いので ぜひ、来てください。

 

丹心(タンシン)とは真心の意味。丼1杯に沢山の想いを詰め込んであなたへ届けます。

 

さぁ、皆さん!

R2.2.22OPEN!!

まずは、コレをカレンダーに書き込んで下さいね!!

 

御来店お待ちしております

 

 

令和2年2月

中華屋 丹心(タンシン) 店主 シホ

お店ご案内

住所 宮城県富谷市富ケ丘2-17-5
仙台市営地下鉄泉中央駅より車で約15分
営業時間 日曜〜木曜(第3木曜は夜の部休業)
11:30〜15:00(ラストオーダー 14:30)
18:00〜21:00(ラストオーダー 20:30)

金曜〜土曜
11:30〜15:00(ラストオーダー 14:30)
18:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)

※スープ売り切れ次第終了
新型コロナウイルス感染症の影響により
営業時間を変更する場合がございます。
詳細はお問合せください。
定休日 第3木曜 夜の部
駐車場 9台分
席数 カウンター 5席 / テーブル 10席
座敷堀テーブル 14席
電話 / FAX 022-341-8260
Webサイト chukaya-tanshin
インスタグラム @tanshin.ramen